グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療部 >  神経内科

神経内科


診療統括部長 山岡 健治

関係各科との連携を強化して幅広い疾患症状に対応した高度な治療を実践。

診療統括部長 山岡 健治

診療科の紹介

神経内科は、脳・脊髄・神経・筋の疾患を診断・治療する内科です。当センターにおいても、虚血性脳血管障害、パーキンソン病、脊髄小脳変性症などの変性疾患、重症筋無力症、多発性硬化症等の幅広い疾患症状に対応した医療を実践しています。
特に、虚血性脳血管障害については、脳外科をはじめ、循環器内科、糖尿病内科などの各科と連携を強化して、高度で効率的な診療を行っています。

取扱う主な疾患

脳梗塞、一過性脳虚血発作、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、重症筋無力症、多発性硬化症 など。

スタッフ紹介

診療科責任者

診療統括部長兼内科主任部長
(神経内科)
山岡 健治
  • 日本神経学会認定神経内科専門医
  • 総合内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本感染症学会ICD
  • 日本内科学会認定医制度審議会指導医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医(肢体)
  • 緩和ケア研修会受講

スタッフ

神経内科医師 坂本 陽子