グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療部 >  脳神経外科

脳神経外科


部長 佐藤 祥史

埼玉県東部地区の医療拠点として急性期疾患を中心に治療を行う。

主任部長 佐藤 祥史
脳神経外科は、脳に関する疾患を診療する外科です。

診療科の紹介

当センターの脳神経外科は埼玉県東部地区の拠点として急性期疾患を中心に治療にあたります。特に近隣機関からのご紹介で入院治療を要する患者様は可能な限りお受けします。また高度専門的治療を要する場合は大学病院などと連携して医療水準の維持に努めます。さらに地域医療連携を重視し慢性期には回復期リハビリ病院や療養型病院、診療所などへの逆紹介も行います。

取扱う主な疾患

主な疾患は脳卒中(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞急期等)、脳腫瘍(原発性脳腫瘍、転移性脳腫瘍等)、頭部外傷(慢性・急性硬膜下血腫、硬膜外血腫等)などです。また、頚椎症や後縦靱帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症、脊髄腫瘍などの脊椎脊髄疾患も積極的に治療いたします。

認定施設

  • 日本脳神経外科学会専門医指定訓練施設
  • 日本脳卒中学会専門医研修教育施設

スタッフ紹介

診療科責任者

脳神経外科主任部長 佐藤 祥史
  • 日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医
  • 日本脊髄外科学会認定医
  • 臨床研修指導医
  • 緩和ケア研修会受講

スタッフ

脳神経外科医長 横瀬 憲明
  • 日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医(肢体)
  • 緩和ケア研修会受講

診療内容 ・ 取り組み

脳神経外科で診療している疾患は、脳腫瘍(神経膠腫・髄膜腫・下垂体腺腫・転移性脳腫瘍など)、脳血管疾患(クモ膜下出血・脳動静脈奇形・高血圧性脳内出血・脳梗塞・モヤモヤ病など)、機能神経外科疾患(顔面痙攣・三叉神経痛など)、頭部顔面外傷などです。

頭痛・しびれ・めまいといった症状から、意識障害・手足の麻痺など、診断と治療はもちろんリハビリテーションまで、必要な場合は他の科とも協力を行い、診療いたします。
「2、3日前に頭をぶつけたけれど、その後の経過が心配」という方もご遠慮なく脳神経外科外来においでください。

当科では、脳神経外科専門医が緊急手術に備えて待機しており、従来からの開頭による手術はもちろんのこと、カテーテルなどを用いた最新の治療法も行っております。
また入院後は出来るだけ早い時期からリハビリテーションを行い、社会復帰へのご協力をさせていただいております。