グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療部 >  形成外科

形成外科


部長 栗原 幸司

変形した体の表面の機能回復に加え形態も正常に近い状態に再建する。

主任部長 栗原 幸司

診療科の紹介

形成外科は、生来のものや外傷、癌切除手術などで変形した体の表面を、機能回復させるだけではなく、形態も正常に近い状態に再建するための外科です。頭部から足先まですべての体表面の変形に対応。切り傷・やけど・顔面の骨折などケガの治療、皮膚腫瘍(ホクロなど)の切除手術、皮下腫瘍(脂肪腫など)の摘出術、傷跡の修正、副耳など生来の変形の修正など多岐にわたります。さらに陰圧閉鎖療法による潰瘍の治療なども行っています。また、外来診療日の拡充も行ないます。

取扱う主な疾患

新鮮外傷、新鮮熱傷、鼻骨骨折、頬骨骨折などの顔面の骨折、母斑その他皮膚・皮下腫瘍、皮膚悪性腫瘍およびそれに関連する再建、肥厚性瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイドなど。

スタッフ紹介

診療科責任者

形成外科主任部長 栗原 幸司
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本救急医学会専門医
  • 日本熱傷学会認定熱傷専門医
  • 緩和ケア研修会受講

診療内容 ・ 取り組み

 顔面、手、足など外から見える部分を中心に先天的な(生まれつきの)形の異常および後天的な体表面の腫瘍,外傷,熱傷、潰瘍、感染などを対象 にする外科です。
 創痕(きずあと)、瘢痕拘縮(ひきつれ)、ケロイドなどの治療も行っています。
 また外傷や術後の組織欠損などに対し他の診療科と連携し治療を行っています。

※美容外科は行っておりません。