グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療部 >  循環器内科

循環器内科


部長 河野 通

最新の技術や装置の導入により患者様の信頼に応える医療を提供する。

主任部長 河野 通

診療科の紹介

2017年はカテーテルによる冠動脈形成術(冠動脈内ステント留置術など)と末梢血管治療(ステント留置術およびバルーン形成術)が年間180例を超えました。今後も虚血性心疾患や手足の血流障害に対して最適・最新の治療を心がけてまいります。
高齢者の心不全が増加傾向にあります。基礎疾患としては虚血性心疾患、心臓弁膜症、高血圧性心疾患、心筋症など様々です。心不全の治療は急性期ばかりでなく慢性期での管理も重要です。医療者(医師・看護師・栄養士など)と患者さんの間で良好なコミュニケーションを図り、入院頻度を減らせるように努めてまいります。
状態の安定した患者さんは地域の開業医の先生方にお願いし、急性期管理や特殊治療が必要な時にはすぐお役に立てる医療機関として頑張ってまいります。

取扱う主な疾患

虚血性心疾患(急性冠症候群、狭心症、無症候性心筋虚血)、心臓弁膜症、心筋症、高血圧症性心疾患、不整脈、諸疾患に伴う心不全、などの疾患を対象として診療しています。

   ◎主な検査や治療の実績を示します。

     PCI:約150例
     ペースメーカー植込み:約20例
     心エコー:約360件、冠動脈CT:約300例
     経食道心エコー:約30~50例
     負荷心筋シンチグラム:約250例、以上/年間

スタッフ紹介

診療科責任者

副院長兼内科主任部長
(循環器)
有馬 健
  • 日本大学医学部臨床教授
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本救急医学会認定救急専門医
  • 日本集中治療医学会認定集中治療専門医
  • 日本内科学会認定医制度審議会指導医
  • 身体障害(心臓機能障害)認定医
  • 日本心血管インターベンション治療学会専門医
  • 臨床研修指導医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医(心臓)
  • 緩和ケア研修会受講

スタッフ

内科主任部長
(循環器)
河野 通
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本高血圧学会認定高血圧指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会認定医制度審議会指導医
  • 臨床研修指導医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医(心臓)
  • 緩和ケア研修会受講
内科部長
(循環器)
金井 孝司
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定医
内科部長
(循環器)
古市 知広
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本救急医学会認定救急専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会認定医制度審議会指導医
  • 緩和ケア研修会受講
内科医長
(循環器)
細渕 尚子
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
内科医長
(循環器)
古川 力丈