グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




眼科


医長 白田 裕子

センター開設とともに医療機器を一新し高いレベルの最新の検査や手術が可能に。

医長 白田 裕子

診療科の紹介

当科は、近隣眼科や大学病院との連携を積極的に進め、幅広い領域に対応しています。新たに医療機器も一新し、最新の検査や手術が可能になりました。白内障は日帰りから入院まで患者様の希望に沿った手術体制を整備。緑内障はレーザー手術や濾過手術が可能で、病状に応じて治療方針を提案します。網膜硝子体領域では、新たに硝子体手術を開始する予定です。また、眼瞼下垂・眼瞼内反症、眼瞼腫瘤などのまぶたの病気には、出血の少ない低侵襲な手術が提供できます。

取扱う主な疾患

白内障(単焦点・多焦点眼内レンズ手術対応可)/緑内障(手術対応可)、網膜硝子体疾患(抗VEGF薬の硝子体注射対応可、手術対応予定)/眼瞼けいれん(ボトックス注射対応可)眼瞼下垂・眼瞼内反症・眼瞼腫瘤(手術対応可)・アレルギー性疾患、斜視・弱視、流涙症など。

認定施設

  • 日本眼科学会専門医研修施設

スタッフ紹介

診療科責任者

眼科医長 白田 裕子
  • 日本眼科学会専門医
  • 眼科PDT認定医
  • 臨床研修指導医

スタッフ

眼科医師 小野江 元

診療内容 ・ 取り組み

 眼科での入院患者様の多くは白内障の方で、毎週火曜日と木曜日に手術を行っています。
入院期間は、月曜日または水曜日入院の、片眼二泊三日が基本となります。両眼手術を希
望される際は、片眼の手術から2週間ほど間隔をおいて、反対側の眼の手術なります。
希望によっては、日帰りや一泊二日の白内障手術も行っておりますので、ご相談ください。
 また、当センターでは白内障だけでなく、緑内障や眼瞼下垂、眼瞼内反症といった外眼部の手
術まで対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。