グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療部 >  消化器内視鏡科

消化器内視鏡科


Department of Gastrointestinal Endoscopy

部長 福西 昌徳

苦痛の少ない優しい内視鏡操作を心掛けております。

主任部長 福西 昌徳

診療科の紹介

当科は消化器部門の中でも、特に内視鏡による診断を行う部署として、2017年度よりスタートしました。診断精度の向上はもとより、苦痛の少ない被験者に優しい内視鏡操作を心掛けております。また、近隣医療機関とともに消化器領域の勉強会を行い、継続して情報更新に努めています。治療方針について外科と協議のうえ決定し、必要に応じて大学病院、がんセンター等の専門機関とも連携をとっています。

取扱う主な疾患

上部消化管(食道、胃、十二指腸)内視鏡では、胸焼け、つかえ感、心窩部痛、胃もたれ等の症状に対する精査や胃がん二次検診を行います。
下部消化管(大腸)内視鏡では、腹痛、腹部不快感、便通異常等の症状に対する精査や大腸がん二次検診を行います。なお大腸ポリープ発見時に、大きなものでない場合には診断を兼ねてその場でポリープを切除します。
超音波内視鏡は、胆道・膵疾患のみならず、消化管粘膜下腫瘍や消化管外腫瘍等の内視鏡的診断が困難なものに対しても非常に有用です。
春日部市の胃がん検診(内視鏡)を実施しています。

スタッフ紹介

診療科責任者

内科主任部長
(消化器内視鏡)
福西 昌徳
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会認定医制度審議会指導医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本膵臓学会認定指導医
  • 日本胆道学会指導医
  • 臨床研修指導医
  • 緩和ケア研修会受講