グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療部 >  消化器内視鏡科

消化器内視鏡科


部長 福西 昌徳

内視鏡(カメラ)を使用して消化器疾患の診療を行っております。

主任部長 福西 昌徳

診療科の紹介

当科は、消化器部門の中でも特に内視鏡(カメラ)による診療を行う部署として、2017年度よりスタートしました。
上部消化管内視鏡(食道・胃・十二指腸カメラ)、下部消化管内視鏡(大腸カメラ)、胆膵内視鏡としてERCPと超音波内視鏡を行っております。超音波内視鏡は胆道・膵疾患のみならず、消化管癌の深達度や消化管壁内腫瘍、消化管外腫瘍に対しても非常に有用です。治療方針について外科とともに協議のうえ決定し、必要に応じて大学病院、がんセンターなどの専門機関とも連携をとっております。
また、春日部市胃がん検診を行っております。

取扱う主な疾患

食道疾患、胃疾患、十二指腸疾患、大腸疾患、胆道疾患、膵疾患、縦隔腫瘍、腹部腫瘍など
胃がん検診

スタッフ紹介

診療科責任者

内科主任部長
(消化器内視鏡)
福西 昌徳
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本内科学会認定医制度審議会指導医
  • 日本消化器病学会認定消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
  • 日本胆道学会指導医