グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  中央診療部 >  放射線科

放射線科


放射線科では、病院のすべての診療科に受診される患者さまの診断・治療を担っております。
そのため、各診療科との連絡協力を保ち、患者さまにより快適で正確かつ迅速な診療が行われるよう努力しております。

放射線科スタッフ

≪新たな重点方針≫
  1. 救急医療に対応した24時間の検査体制整備
  2. 読影結果の医師によるダブルチェックなど精度の高い画像診断体制の確保、及び、医療画像保管システムでのフィルムレス化の推進など、迅速な診断結果の提供で病院全体の診療効率の向上を実現
  3. CTやRI、MRIなど高度医療機器による専門的な診断機能整備
  4. がんの放射線治療に対応するリニアック(放射線治療装置)整備
  5. 専門的な画像診断や放射線治療に対応する、高度な技術を持つ診療放射線技師の育成

スタッフ紹介

責任者

放射線科長(技術責任者) 工藤 年男
診療放射線技師 19名
(うち女性技師4名)

資格・認定者

臨床実習指導教師 8人
検診マンモグラフィ撮影認定技師 4人
放射線治療専門技師 1人
X線CT認定技師 2人
救急撮影認定技師 1人
臨床実習指導者 9人
第1種放射線取扱主任者 3人
超音波検査士(消化器) 1人
放射線機器管理士 4人
放射線管理士 3人
医用画像情報精度管理士 4人
放射線治療品質管理士 1人
技師格グレード(シニア格) 1人
技師格グレード(アドバンス格) 3人


部門・装置紹介

放射線科はエックス線や磁場を用いて、目に見えない身体の中の臓器や病変を写真にする撮影部門(一般撮影・断層撮影・X線テレビ透視検査・CT検査・MRI検査等)と、放射性同位元素を体内に投与し目標の部位を画像に作成する核医学部門、さらに放射線を照射して病気を治療する放射線治療部門からなっています。
一般撮影部門
胸部・腹部撮影・歯科断層撮影室・一般撮影・救急撮影室
乳房撮影・セファロ撮影・回診用ポータブル装置

透視撮影部門
X線TV撮影室…各臓器穿刺挿入造影及びX線透視検査
血管撮影室…血管内手術及び血管造影検査

特殊検査部門
CT室…X線で体の断面像を検査・2管球で高速撮影
MRI室…磁気を使用した検査装置
RI室…核医学検査装置
PET-CT室
治療部門
放射線治療室…放射線治療装置(X線10MV 電子線 18MeV)
位置決め装置室…放射線治療の位置決めCT装置・MDCT(20列)

部外所有装置
手術室…手術室X線TV装置、ポータブル装置
内視鏡室…内視鏡的膵胆管造影・気管支鏡検査室
結石破砕室…ESWL(体外衝撃波)で結石を破砕する衝撃波装置
口腔外科…デンタルX線装置

X線透視撮影装置

アンギオグラフィー

磁気共鳴断層撮影装置(MRI)

コンピュータ断層装置(CT)

PET-CT