グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  中央診療部 >  臨床工学科

臨床工学科


臨床工学技師(Medical Engineer : ME)は高度医療の発展に伴い、昭和62年に誕生した国家資格を有する者で、高度な発展を続ける医療器械の操作ならびに保守管理を臨床の場へ提供する事を目的としています。
また、臨床工学技士法では、身体の呼吸、循環又は代謝の機能の一部を代行し、又は補助することを目的とした生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う者とされています。
臨床工学技士が、高度な発展を続ける医療機器の操作ならびに保守管理を臨床の場へ提供を行います。
当センターにおける臨床工学科の重点施策は
  1. 呼吸器、循環器に関わる生命維持管理装置の管理操作の安全性向上
  2. 医療機器管理の中央化推進により、機器の精度の維持及び効率的な運用を実現する。
  3. 血液浄化業務では主に急性期の腎不全治療ならびに他の体外循環治療も含め、周囲にある血液透析関連施設と連携をしながら対応する。
  4. 癌拠点病院による難治性腹水患者さんの腹水濾過濃縮再静注法CARTにも対応する。

スタッフ紹介

責任者

臨床工学科臨床工学士 岡村 隆志

主な業務内容

血液浄化業務

春日部市立医療センターでは維持透析設備がなく、代わりに持続的血液浄化装置1台を有しています。慢性腎不全患者の心臓カテーテル検査後の腎保護のための透析対応をはじめ、手術後の急逝腎不全に対する持続透析、血漿交換、血液(血漿)吸着などのさまざまな血液浄化を行っています。

心臓カテーテル業務

心臓カテーテル室では、主に狭心症や急性心筋梗塞に対する検査ならびに治療を行っています。

人工呼吸器業務

病棟で使用される人工呼吸器の保守点検から使用中の管理における業務を行っています。

ME機器管理業務

医療現場で使用される機器のことを通常 ME と総称します。このような ME 機器の日常点検から定期点検、又は対応可能な修理までを保守管理業務として行っています。