グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当センターについて >  がん診療連携拠点病院

がん診療連携拠点病院


統合的治療と緩和ケアを提供できる
地域内がん治療の連携拠点として機能する


春日部市立医療センターは、地域がん診療連携拠点病院として厚生労働省より指定更新されています。がん診療連携拠点病院とは、手術、放射線治療、および化学療法を効果的に組み合わせた集学的治療と、緩和ケアを提供できる体制を備えるとともに、よりよい医療を提供するために地域の医療機関と協力し患者様やご家族を支援する役割を担うものです。
当医療センターでは、さらに高度ながん治療を提供すべく、集中治療室(ICU)の整備、放射線治療装置(リニアック)の更新、化学療法室の拡充、PET-CTの導入、緩和ケア病床の新設を行いました。また、診療科の垣根を越えて複合的な治療を行う体制や、拠点病院間の連携を進めています。
さらに、がん患者からの相談やセカンドオピニオンへの対応、在宅医療の支援、がん患者への総合的なサポート体制を一層充実させてまいります。

予防・早期発見

各地域医療機関で行った一次検診(簡便な検査で疾病の有無を判断する検診)の結果を引き継ぎ、春日部市立医療センターは必要に応じて紹介を受け、がんの二次検診(一次検診で疾患の可能性がある場合に行う精密な検診)を実施します。

そのためにPET-CTやSPECT等の最新の検査検出装置を導入しています。検診結果に基づき、がんの早期発見・早期治療に努め、治癒率の向上を目指します。

PET-CT

マンモグラフィー

SPECT

治療

春日部市立医療センターは地域がん診療連携拠点病院として、質の高い標準的治療を行います。高機能設備・機器を整備した手術室、集中治療室(ICU)等の高度な治療環境において、手術、放射線療法や化学療法を効果的に組み合わせた集学的治療を行います。

国立・県立等のがんセンターに近い先進の機能と専門医を配し、早期がんの治療から緩和ケアまで、高度ながん治療を行います。

手術ホール

リニアック

手術室

進化する環境に柔軟に適応するためにフレキシビリティを追求した新しいコンセプトの手術室

在宅・緩和ケア

当センターは都心近郊型の地域におけるがん拠点病院に求められる役割をふまえて、がん患者に対して専門的な緩和ケアを提供できる体制を整備しています。緩和ケア病床の新設も行なっていますが、主として、地域のかかりつけ医との連携のもとに、在宅における緩和ケアの充実を図ります。また、地域医療機関に対する研修等を行い、在宅での緩和ケアをサポートします。
さらに、院内及び地域の医療従事者の協力を得て、院内外のがん患者及びその家族、地域の住民や医療機関等からの相談に応ずる体制も整えています。

在宅で患者と先生が相談

緩和ケア病床

※緩和ケア病棟は、当院の入院患者様の中で入院緩和ケアを必要とする方を対象としております。

当センターでは、平成21年度より厚生労働省の開催指針に沿った緩和ケア研修会を開催しております。