グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  春日部市立看護専門学校 >  学校ニュース

学校ニュース


第15回双葉祭を行いました

11月17日に爽やかな晴天のもと第15回双葉祭を行いました。
今年は、「楽しく手軽に習慣づけるこころとからだの健康法~体の健康は心から~」というスローガンのもと、看護学校らしさを追求した研究発表や食品販売を行い、ご来校いただいた方々にお楽しみいただきました。
また、日本笑い学会の野澤孝司先生からの「笑いと健康」についてのご講演もあり、有意義な1日となりました。

地域の方にも多くご来校いただきました

研究発表会を行いました

9月19日・20日に3年生が看護研究発表を行いました。
毎年9月、3年生がこれまでの実習の中から心に残った事例について振り返り、夏休みを使って研究し発表をするものです。
実習指導者様からの講評を真摯に受け止め、これから残りの実習に励みます。

宣誓式を行いました

6月2日に第14期生宣誓式を行いました。この行事は、本格的に実習が始まる前の2年生が、ナイチンゲールから灯をいただき看護への道の決意を新たにするものです。14期生は、来賓・保護者・在校生の前で、ナイチンゲール誓詞を唱和し「医療従事者の一員として携わるすべてのの人々のニーズに対応できる看護を目指します」と宣誓しました。

一人一人副学校長からナースキャップを戴きました

ナイチンゲールの灯に決意を新たにしました

教育キャンプに行きました

毎年、1年生が行う教育キャンプ。今年は5月1日~3日に茨城県さしま少年自然の家で行いました。
森林の中でのASE活動・もちつき・バーベキューなどを通じて、入学して間もない1年生が親密になり、仲間と協力することの大切さを学びました。

1日目はカレー、2日目は焼きそばを作りました。

餅つきは初めて、という学生も上手につけました。

卒業式を行いました

3月3日に第12期生32名の卒業式を行いました。
10クールの実習を、仲間と励ましあいながら乗り越えた12期生。
全員が看護師国家試験に合格し、晴れ晴れとして表情で巣立っていきました。
4月から、念願の看護師としてそれぞれの職場で活躍してくれるでしょう。
頑張れ!12期生!

第14回 双葉祭を行いました

11月18日 第14回双葉祭を行いました。
今年度は「春日部の元気は家庭の元気から 日常生活で使えるセルフケアをあなたにお届け」というスローガンのもと
健康になる食事、健康診断、高齢者体験&筋トレ紹介など、学生たちの創意工夫によるセルフケア発表を行いました。
当日は悪天候の予報にもかかわらず大変多くの方にご来場いただき、元気をお持ち帰りいただけたと思います。
また、入試相談コーナーでは、在校生が、学校・受験に対するご質問にお答えいたしました。

生地にかぼちゃと抹茶が入ったヘルシーなホットケーキはいかが?

アロマ湯のマッサージでリラックスしていただきました

入試相談コーナーでは在校生が受験生の不安にお答えしました

看護研究発表会を行いました

9月27日・28日の2日間にわたり、3年生による看護研究発表会を行いました。
これまで7クールの実習を終えた3年生が、夏休みをかけて事例研究したものを
各実習施設の指導者様、教員、在校生の前で発表するものです。
いろいろな患者様との関わりを通して看護の喜び・難しさを経験し、大きく成長した姿を見ることができました。

体験型学校説明会を行いました

8月1日に、体験型学校説明会を行い、多くの方にご参加いただきました。
毎年、受験生の皆さんから好評をいただいている、この体験型学校説明会。
通常の学校説明会に加え、簡単な看護体験と、在校生への質問コーナーがあります。

看護体験は、①脈拍測定 ②新生児(モデル)の援助体験 ③車いす体験 の中から1つを体験していただきました。

参加者からは「パンフレットだけではわからない学校の雰囲気を体験することができ、とても参考になりました。」「学生の方のお話を直接聞くことができて、ぼんやりと抱いていたイメージが具体的になりました。」「社会人ですが、若い学生の元気を頂けた気がして頑張ってみようと思えるひと時でした。」 などの感想をいただきました。

体験型学校説明会は、8月26日(土曜日)にも行います。
定員にはまだ若干の余裕がございますので、ぜひご参加ください。

初めて赤ちゃんを抱っこした高校生は、
皆さん、予想外の重さに驚いた様子でした。

聴診器を使って心音を聞いたり、
脈拍測定の体験をしていただきました

宣誓式を行いました

平成29年6月3日(土曜日)春日部市教育センターで第13期生の宣誓式を行いました。

宣誓式とは、本校2年生が本格的な実習を行う前に、看護師を志す自覚と誇りを深め、看護の道に進む決意を新たにする厳粛な式典です。

副学校長から、女子学生はナースキャップ、男子学生はワッペンを戴いた後、ナイチンゲール像から灯火を受け取り、学生自らが考えた誓いの言葉を全員で斉唱しました。

在校生(12期生)からは、「受け持たせていただいた患者様が笑顔となるよう、より良い看護を目指し、現在取り組んでいる学習を、また仲間との話し合いを大事にしてください」とお祝いの言葉がありました。

ナースキャップを戴く13期生

灯火を持ちながらの宣誓