グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  春日部市立看護専門学校 >  学校ニュース

学校ニュース


第18回双葉祭

11月6日に第18回双葉祭を行いました。今年のテーマは 「幸せな日常をみんなで守ろうみんなの命 ~withコロナ」
 
新型コロナウイルス(Covid-19)が蔓延する今日、コロナ禍でも普通の幸せな日常がすごせる工夫を、各グループで研究し、学習発表や模擬店を通して発表しました。
しっかりとコロナ感染対策を行いながら、日ごろの成果を発揮、楽しく過ごすことができました。


免疫力UPのための健康や食についての発表です。
皆さん熱心に聞いてくださいました。



    今年も入試相談コーナーを開設
    在校生が質問にお答えします  →

茶道

当校の特徴的なカリキュラムの1つに茶道の講義があります。
茶道の、「気づき」の大切さ、奉仕の心「一期一会」、おもてなしの精神としての「和敬清寂の心」は、看護にも大いに通じるものです。
初めて体験する17期生も、緊張の面持ちながら貴重な経験を楽しみました。

茶の湯の心は、誠実な信頼関係に基づく奉仕の心「一期一会」とお話いただきました。

季節のお菓子とともに、自分で点てたお茶をいただきました

16期生が研究発表会を行いました

第16期生による研究発表会を行いました。これまでの臨地看護実習を通して学んだこと、体験したこと、感じたことを研究成果として発表しました。今年も新型コロナウイルス感染症の影響で実習期間や時間の短縮などの制約もある状況でしたが、立派に研究としてまとめられ、病棟指導者様からも温かいメッセージをいただきました。

体験型学校説明会を行いました

体験型学校説明会を7月31日と8月21日の午前・午後の計4回行いました。
今年も、新型コロナウイルスの感染予防対策を十分に行い、また、三密を避けるため、参加者と保護者を2会場に分けて実施いたしました。
参加者には、新生児ケア、脈拍測定、ベッドメイキングから1つを選び体験していただきましたが、慣れない新生児のおむつ交換やベッドメイキングに四苦八苦しながらも、在校生(3年生)の指導のもと、楽しく体験していただけたと思います。
また、説明会後には質疑応答の時間を設け、学校生活や入試対策などのご質問に在校生が対応しました。

新生児ケア体験
ベビーの意外な重さにびっくりされていました

初めての聴診器
皆さん、自分の心音は聞こえましたか?

第17期生 宣誓式を行いました

6月5日に第17期生宣誓式を行いました。皆で心をひとつにして宣誓し、看護師になりたいという決意を新たにしました。
これから本格的な実習が始まる17期生29名。さまざまな困難にぶつかることもあると思いますが、今日この日を忘れることなく、自分の理想の看護師を目指して努力を重ねてくれるでしょう。

スポーツ大会を行いました

4月23日、スポーツ大会を行いました。3年生から1年生までの縦割りのチームに教職員が加わりました。各チーム一致団結し、真剣に競い合いながらも親睦を深めました。
入学して間もない1年生は、上級生から、学校生活のいろいろなアドバイスを受けることができたようです。

各チーム、リーダーを中心に作戦会議

白熱のリレー

第18期生 入学式を行いました

4月3日 第18期生31名が入学しました。
看護師になるという夢に向かっての3年間のスタートです。

折からの、新型コロナウイルス感染症に対する諸機関の指針により、新入生・保護者各1名のみの列席。在校生はオンラインによる参列となりました。新入生にとっては、身の引き締まる入学式になったと思います。これから3年間、このメンバーで協力して、授業や課題、実習、そして国家試験を乗り越えます。

新入生ガイダンスの一環「春日部市を知ろう」では、お天気にも恵まれ、気持ち良く、市内の実習施設や公園などをめぐりました。

緊張の面持ちの18期生

市内めぐりの最終地点、近くの八幡神社での集合写真

第15期生 卒業証書授与式を行いました

3月6日に第15期生卒業証書授与式を行いました。今回は、会場を講堂とし、密を避けるために在校生はリモートでの参列となりました。

コロナ禍で、病院実習もままならなかった15期生ですが、仲間と協力し合いながら、出来ることを精一杯頑張りました。先に行われた3年生を送る会での山本学校長から贈られた「この経験をプラスと捉え、これからの人生に活かしてほしい」とのメッセージを胸に、立派な看護師になってくれるでしょう。15期生の皆さん、卒業おめでとうございます!