グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  医療部 >  情報管理室

情報管理室


春日部市立医療センター情報管理室は、昭和44年1月病歴室として設置されました。病院が臨床研修病院、がん診療連携拠点病院、DPC対象病院に指定される等の発展に伴い、平成21年4月から医療部情報管理室に改組し、増え続けるニーズに対応しています。

スタッフ紹介

室長(医療情報技師) 1名
診療情報管理士 3名
非常勤 2名

情報管理室の目標

私たちは部署の目標を決めて業務に取り組んでいます。
  1. 患者様と病院職員に役立つよう、情報を正確かつ迅速に提供します。
  2. 病院の業務の効率化、システム化を支援します。
  3. 専門部署として最新知識を学び、新しい発想で業務に応用します。

情報管理室の業務

情報管理室では、病歴担当と情報管理担当に分けて業務に取り組んでいます。

病歴担当

  1. 入院診療録の分類、点検、製本
  2. 入院診療録の受領、貸出、返却管理
  3. 院内病歴統計の作成
  4. 院内院外の情報提供
  5. 病歴・情報管理委員会事務局
  6. 開示カルテの複写
  7. 院内がん登録、地域がん登録
  8. DPC病名コーディング等に関する確認

情報管理担当

  1. 病院統計に関すること
  2. 院内データの整理、統合、蓄積、利用に関すること
  3. 医療情報・診療情報の分析
  4. 情報システムに関する調査
  5. クリニカルパス委員会事務局
私たち情報管理室のスタッフは、直接患者さまと接するわけではありませんが、他の職員の業務、研究に寄与することにより、患者さまへのサービスがより向上するようにこころがてけいます。