グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  特色と取り組み >  市立病院再整備事業(新病院が出来るまで)

市立病院再整備事業(新病院が出来るまで)


市立病院は、春日部市を中心とする埼玉県東部保健医療圏で一般病床350床を有する地域の中核的医療機関として、地域医療の向上に貢献してきました。
しかし、近年、施設の老朽化が著しく、また狭隘化(きょうあいか)しており、快適な医療環境を提供することが困難となってきました。また、非効率的な施設は運営上の大きな障害となっています。
このため、市では平成20年3月に策定した春日部市総合振興計画で市立病院の再建・充実を掲げ、市立病院の再整備を重要な施策と位置付けました。
今後、急速な高齢化が進展する中、市の医療政策の要である市立病院の役割はますます重要になります。
そのため、医療環境や運営上の非効率性の改善とともに時代に合わせた市民ニーズに応えるため、市民の健康と命を守る拠点として、市立病院の再整備を推進しました。

想定していた新病院の外観イメージ

市立病院再整備事業の詳細をご覧ください。


新病院イメージ動画をご覧ください。