グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  春日部市立看護専門学校 >  学校運営評価 >  令和3年度 学校運営評価

令和3年度 学校運営評価


本校では、教育機関としての機能の維持・向上を目的とし、学生から信頼され魅力ある学校づくりにつなげることを目標に、教職員による「学校評価」、学生による「授業(講義・実習)評価」、教員による「授業(講義・実習)評価」、「学生満足度調査(卒業時)」、「保護者満足度調査」を実施しております。今回は、令和3年度の結果を報告いたします。

1)学校評価;8領域(42項目)  5段階評価

《考察》
 例年通り、8領域(42項目)を5段階の評価基準で評価しました。その結果、全体平均は4.37で8領域すべて4.0以上と全体的にバランスは整っているといえます。昨年度、8領域中、最も低い数値であった《Ⅵ.施設設備》の具体的取り組みとしましては、感染対策のための物品購入、電気設備修繕(パス交換)、マイボトル用給水機の設置、ICT推進のため教育機器の新規購入、春日部市公共施設マネジメント計画会議への参加などを実施しました。今年度、最も低い数値になったのは《Ⅷ.広報・地域活動》でした。コロナ禍ということもあり、地域活動には制約がありましたが、学校便り(双葉便り)の発刊や新自治会長と連携し地域回覧板での供覧、感染対策を実施しながら学校祭の開催、ホームページの定期的更新などを実施してきました。今後も、地域に根ざした学校運営を目指していきます。

2)学生による授業(講義・実習)評価

1)授業(講義)の学生評価;15項目 5段階評価
   (1)学生の講義への取り組み(4項目)
   (2)講義の進め方(7項目)
   (3)講義内容(3項目)
   (4)学生の達成度(1項目)
2)授業(実習)の学生評価;10項目 5段階評価
   (1)学生の実習への取り組み(3項目)
   (2)実習内容・方法(2項目)
   (3)教員・指導者の関わりおよび環境(3項目)
   (4)学生の達成度(2項目)

《考察》
 授業(講義)の学生評価については、従来の評価表を用いて、基礎科目から統合分野まで、すべての授業(講義)において、学生による評価を実施しました。外部講師には、授業評価の実施について承諾をとり、前回の授業評価結果を初講時にお渡しし、今回の講義に役立てていただけるようにしました。 
 また授業(実習)の学生評価については、各実習終了後、学生に評価表を配布・回収し、副学校長・教務主任・実習調整者にて改善点を協議後、教務会議にて共通認識を図りました。評価結果は、すべての講義・実習において4.0以上と大きな偏りはありません。コロナ禍において、実習期間・時間の短縮や学内代替案による臨地実習も多かったのですが、学生の満足度は高いと考えられます。今後も、学生の授業評価を次の教育活動に役立てられるよう、努めていきます。

3)教員による授業(講義・実習)自己評価

1)授業(講義)の教員自己評価;20項目 5段階評価
   (1)講義準備(8項目)
   (2)講義の実施(10項目)
   (3)教員の満足度(2項目)
2)授業(実習)の教員自己評価;10項目 5段階評価
   (1)実習指導準備(3項目)
   (2)指導内容・方法(4項目)
   (3)実習調整・連携(2項目)
   (4)教員の満足度(1項目)

《考察》
 授業(講義・実習)の教員自己評価については、専任教員が担当する全科目において評価を実施しました。評価結果は、すべての講義・実習において3.8以上と大きな偏りはありません。各専任教員が担当する授業計画・評価については、教務会議にて意見交換し共通理解を図り、授業参観・リフレクションを推進しました。しかし、今年度も新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、度重なる教育方法の変更・工夫が必要となり、試行錯誤の中での教育活動となったためか、学生による授業(講義・実習)評価に比べ低値となっています。今後も、教員自身が客観的に自己の教育活動を振返る姿勢を忘れず、真摯に教育活動を実践していきたいと考えます。

3)学生満足度調査(卒業時) ;15項目 5段階評価

   (1)学校生活の満足度(1項目)
   (2)他者への勧め(1項目)
   (3)卒業時に身につけてほしい能力(5項目)
   (4)教育内容の満足度(8項目)

《考察》
 3年生(16期生)の卒業直前に、アンケート調査を実施しました。回収率は100%でした。卒業生の本校での学生生活の満足度は4.37、教育内容の満足度は4.32と高値でした。卒業時に身につけてほしい5つの能力においても、平均4.46とほぼ達成している状況と考えられます。最後の自由記載欄には「充実した看護学生生活を送ることができた」「この学校を卒業できることを誇りに思う」などの意見のほか、施設設備に対する意見(暖房機器やIT環境の充実など)が寄せられました。今後の学校運営において役立てていきたいと考えています。

5.保護者満足度調査;7項目 5段階評価

   (1)学校生活の満足度(1項目)
   (2)他者への勧め(1項目)
   (3)学生とのコミュニケーション(1項目)
   (4)教育内容の満足度(4項目)

《考察》
 調査表は学生経由で保護者にお渡しし、封書厳封の上、再び学生経由で回収させていただきました。回収率は89.8%でした。保護者の《学生生活の満足度》4.4、《教育内容の満足度》4項目(講義・臨地実習・教科外活動・進路指導)の平均は3.8と高値でした。
 最後の自由記載欄には、「コロナ禍でも工夫して学校運営してくれ感謝している」「子どもの成長を実感している」などの意見が寄せられました。また、施設設備の充実や教育方法(オンライン授業増の希望、対面授業増の希望、教科外活動の実施)などの意見もありました。今後も、関係各所と連携を図り、保護者のご意見や満足度を参考にしながら、学校運営に役立てていきたいと考えております。

今後の課題

 本校の今後の課題は、①令和4年度からのカリキュラム改正のスムーズな運用、②地域に根ざした学校運営の継続、③ICTの推進があげられます。具体的には、カリキュラム改正プロジェクトチームの来年度までの活動継続、学校評価の継続および広報活動の工夫、ICT推進における教育機器の新規購入などとなります。
 学校評価については、「学校教育法」にて専修学校および各種学校の準用が規定されており、「専修学校における学校評価ガイドライン」において、自己点検・自己評価およびその結果公表について、平成14年に義務化されました。
 今後も、学校運営評価の考察から、組織的・継続的な改善方策の策定や実施に努めていきたいと考えております。