グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  特色と取り組み >  病院ボランティア >  ボランティアコンサート(午後の木漏れ日コンサート)

ボランティアコンサート(午後の木漏れ日コンサート)


ボランティア運営委員会では、患者様に憩いのひと時を味わっていただくために、月1回、各病棟のラウンジにてコンサートを企画・運営しています。
お問い合わせ(相談支援室)
048-735-1261
(内線7362・7363)

午後の木漏れ日コンサート 平成30年12月

当院の看護師である黒崎昭子さん、春日部交響楽団の方々をお招きし、弦楽カルテットのコンサートを行いました。
バイオリン、ビオラ、チェロの四重奏は同じ弦楽器でもそれぞれ音色が異なり、4つ合わさるととても素敵な音色を奏でていました。
今月は12月ということもあり、クリスマスソングメドレーや懐かしの曲など、様々な楽曲を演奏していただきました。クリスマスの訪れを感じるような素敵なひと時になったのではないでしょうか。
演奏して下さいました黒崎さん、春日部交響楽団の皆さまありがとうございました。

午後の木漏れ日コンサート「ピアノが奏でる11月の風」H30.11.15(木)

渡部桂先生をお招きし、コンサートを行いました。「里の秋」「紅葉」「明日のワルツ」「今日の日はさようなら」など、様々な楽曲を演奏してくださいました。優しいピアノの音色に、患者さま、ご家族さまも歌詞カードを見ながら歌を口ずさみ、穏やかなひとときを過ごされていました。
また、今回は旧病院から当院で活動してくださった渡部先生の最後のコンサートでした。長年お力添えいただきました渡部先生、ありがとうございました。

komorebi

komorebi

午後の木漏れ日コンサート「サックスとギターが奏でる9月の風」H30.9.26(水)

 当院の看護師でもある丸沙也香さんと西岡遥奈さんの、サックスとギターによる「ハナミズキ」「花は咲く」「ふるさと」など名曲の数々の演奏がありました。患者さまやそのご家族さまと穏やかな午後のひとときを過ごしました。
病棟内にもサックスとギターの共演による落ち着いた音色が響きわたり、会場に出向かれなかった患者さま方も初秋の雰囲気を感じることができたのではないかと思います。

午後の木漏れ日コンサート「ピアノと歌で綴る中村友美先生の8月の風」 H30.8.31

 中村友美先生をお招きし、ピアノのコンサートを行いました。
浴衣でのピアノの演奏。きれいなピアノの音色と歌声にみなさん口ずさみながら聞いておりました。オリジナルソングも歌っていただき、残暑を感じる中、素敵なひとときになったのではないでしょうか。
暑い中、そして雨の中、いらしていただきました中村先生、どうもありがとうございました。


午後の木漏れ日コンサート「リコーダーが奏でる7月の風」H30年7月18日(水)

H30.7.18 リコーダーアンサンブル「ドルチェ」の皆さまをお招きし、コンサートを行いました。リコーダーにもたくさんの種類があり、それぞれ魅力的な個性がありますが、その音色が合わさると、また素敵な音楽に。アンコールでは、『いつでもどこでも』の曲を披露頂き、暑さも和らぐような、穏やかなひと時となりました。お仕事もお忙しい中、また暑い中、お越し頂きましたドルチェの皆さま、ありがとうございました。

午後の木漏れ日コンサート「ギターが奏でる6月の風」H30年6月27日(水)

H30.6.27 植田和成先生をお招きし、コンサートを行いました。ギターと素敵な歌声の生演奏。皆さま、懐かしい思い出も巡らせながら、手拍子、歌を口ずさまれる様子が見られました。
会場に出向かれなかった患者さまも、病棟まで優しく届くその音色歌声に、喜んで頂きました。
暑い中いらして頂いた、植田さまご夫婦に、感謝です。

午後の木漏れ日コンサート「ピアノで奏でる音楽」H30年5月30日(水)

H30.5.30 渡部佳先生をお招きし、コンサートを行いました。渡部先生は、病院移転前より長きに渡り年に数回、ご来院いただき、コンサートを開いてくださっております。患者さま、ご家族さまも歌詞を見ながら、ピアノに合わせて歌を口ずさみ、楽しまれておりました。また渡部先生のトークも暖かく、素敵な時間を共有することができました。

午後の木漏れ日コンサート「三味線による演奏とトーク」H30年4月18日(水)

H28年7月、新病院「春日部市立医療センター」に移り、旧病院でも患者さまに喜んで頂いていた、ボランティアコンサートを新病院でも行いたいと試行錯誤し、ボランティアの皆さまにご協力頂きながら、各病棟で月1回のコンサートを開催しております。今回も14:00~16:10に7階、6階、5階の各ラウンジにて30分ずつ巡回という形で、コンサートを行いました。当院では、お馴染み、3回目のご出演となる、当院の看護師でもある矢口祐介さんが、雅号「澤田宝十郎」さんとして三味線を披露してくれました。力強く、繊細なその音色は、患者さんに大変喜んで頂きました。