グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  特色と取り組み >  病院ボランティア >  ボランティアコンサート

ボランティアコンサート


ボランティア運営委員会では、患者様に憩いのひと時を味わっていただくために、季節毎のコンサート(七夕・お月見・クリスマス・ひな祭り)などを企画・運営しています。
お問い合わせ(相談支援室)
048-735-1261
(内線7362・7363)

やわらかトークコンサート

平成27年11月26日(木)15:00~16:00

『音楽は、時としてその人の人生を映し出す鏡のように、私たちの心の奥深くにしっとりと寄り添っています』渡部先生のお言葉です。毎回穏やかなトークと共に音楽により誰もが笑顔になれるコンサートを演出してくださいます。 当センターでは、定期的にピアノの渡部桂先生による“やわらかトークコンサート”を開催しております。

前半のプログラムでは、秋を歌う懐かしの唱歌と後半はゲストの有馬診療部長のリクエストによる楽曲で構成されていました。唱歌の秋のメドレーでは、「野菊」「虫の声」「ちいさい秋みつけた」など、患者さんも秋をじっくり味わいながら、歌詞を口ずさんでいました。次にリクエスト曲である「ロッキーのテーマ」でゲストが登場し、柔道部所属の学生時代のエピソードを語って頂きました。また「Let it be」「酒と泪と男と女」など、1シーンづつ綴られ、患者さんも思い出のページをめくり、当時を振り返っていました。どのようなページであったのか一緒に覗いてみたいものですね。

平成27年5月

 当センターでは、定期的にピアノの渡部桂先生をお迎えして〝やわらかトークコンサート〟を開催しております。音楽は、ときとしてその人の人生を映し出す鏡のように、私たちの心の奥深くにしっとりと寄り添っています。
 プログラムは、三宅病院長からのリクエストで構成され、イエスタディ・ワンス・モアや川の流れのようになど、曲に纏わる思い出やエピソードを

お話し頂き、患者さまとやわらかい一時を過ごしました。渡部先生と三宅病院長は同世代ということもあり、当時のラジオ番組の思い出話に花が咲き、患者さまのなかには大きくうなずかれる方もいらっしゃいました。
次回は、診療部長の有馬先生がゲストとして出演予定です。どんなドラマが展開されるのか楽しみです。

七夕コンサート

平成27年7月7日 火曜日 15:00~15:40

☆多くの方の願いが書かれた短冊、七夕飾りをバックに、オカリナの音色とピアノ、歌声がやさしく響くコンサートとなりました。ご出演頂いた、野いちご(小林様)&ぽれぽれ(福原様ご夫妻)のみなさん、心温まるひと時の演出、何ヵ月も前からの準備や練習など本当にありがとうございました。患者さんもお歌を口ずさむなど大変喜んでくださいました。みなさんの願い、どうか叶いますように☆☆☆

平成26年7月2日(水)

当センター会計窓口前にて病院ボランティア運営委員会主催の「七夕コンサート」が行われました。この企画は毎年七夕の季節に行い、患者様はもちろんのこと病院全体で楽しみにしている行事のひとつです。 今年は、コンサートボランティア「CLAPPY(クラッピー)」の皆様に、クラリネットの演奏をご披露していただきました。クラリネットの心地良い音色と、息の合った演奏は、会場にいた全ての人々を楽しませてくれました。 お忙しい中、コンサートを引き受けてくださったコンサートボランティア「CLAPPY(クラッピー)」の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

七夕コンサートの様子1

七夕コンサートの様子2

平成25年7月2日(火)

コンサートボランティア「レモングラス」の皆様に、ピアノ演奏と歌をご披露していただきました。迫力のある歌声と親しみのある曲は、会場にいた全ての人々を楽しませてくれました。 お忙しい中、コンサートを引き受けてくださったコンサートボランティア「レモングラス」の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

七夕コンサートの様子3

七夕コンサートの様子4


スプリング・コンサート

平成28年3月9日

H28年3月9日スプリングコンサートが行われました。
今回3回目のご出演になるクラリネットアンサンブルの「クラッピー」の皆さん。子育て真っ最中のママさん5名のメンバーです。H28年7月に新病院移転前の方の中に、当院で出生された方もいらっしゃり、やさしい春の名曲の音色と共に、患者さん職員も一緒になって、歌ったり、思い出に思いを馳せたり、病の快方を願ったりと、素敵な時間となりました。患者様からも「あぁ、久々に歌ったよ。楽しかった。」と喜びの声を頂きました。

平成27年3月12日(水)

今回当センターのコンサートには2度目のご出演となる、家事子育て仕事に奮闘中というママさんの集まりのCLAPPY(クラッピー)の皆さんにご出演いただきました。
クラリネットの柔らかな音色と、皆さんの笑顔で、会場も暖かい雰囲気に包まれ、春の曲の音色に合わせて、気持ちよさそうに歌われる患者さんも多く見受けられました。クラッピーの皆さん、今回も素敵な時間をありがとうございました。

画像説明文

平成26年3月4日(火)

春に向かい患者様が少しでも回復されますよう願いを込め、当センターボランティア運営委員会主催 ひなまつりコンサートを開催しました。今回は、「野いちご」の皆様にオカリナ演奏を披露していただきました。 心温まるオカリナ演奏は会場にいた全ての人々に笑顔をもたらしてくださいました。お忙しい中ご協力いただきました「野いちご」の皆様には大変感謝しております。

雛祭りコンサートの様子1

雛祭りコンサートの様子2

平成25年3月5日(火)

「ハッピーコンサートの会」の皆様に余情歌等を披露していただきました。 心温まる歌声とピアノ演奏は会場にいた全ての人々に笑顔をもたらしてくださいました。お忙しい中ご協力いただきました「ハッピーコンサートの会」の皆様には大変感謝しております。

クリスマス・コンサート

平成27年12月25日 (金) 

今年も八木崎小学校の合唱団皆様のキレイな歌声とベルの音色を届けて頂きました。
子どもの声は、不思議です。パワーを頂きます。
終業式の次の日であった当日。寒い中、元気に来院頂いた、生徒の皆さん、学校の先生方へ感謝の気持ちで一杯です

平成26年12月25日(木)

毎年恒例となりつつある、八木崎小学校合唱団の皆さんによるクリスマスコンサートでした。素敵な歌声で一気に会場はクリスマスムードに。患者さんからも笑顔があふれ、手拍子もわき、楽しいひと時となりました。また終盤「早く元気になってください」との生徒さんからの暖かいひと言もあり、素敵な会となりました。この日の為に、たくさん練習していただいた、八木崎小学校の皆さん、本当にありがとうございました。

平成25年12月25日(水)

当センター病院ボランティア運営委員会主催による 「クリスマスコンサート」が行われました。 出演は、3年前から当センターのクリスマスコンサートに参加してくださっている八木崎小学校合唱団の皆様。 今回も、クリスマスソングをメインに披露していただきました。 サンタクロースの帽子をかぶった生徒たちの清らかな歌声は、 会場にいる全ての人々への素敵なクリスマスプレゼントとなりました。 ご協力いただきありがとうございました。

クリスマスコンサートの様子1

クリスマスコンサートの様子2


オータム・コンサート

平成28年9月21日

新病院に移転になり、初めてのコンサート開催となりました。
今回、当センターへピアノの寄付をいただいた佐野様をはじめとする、ピアニストの神矢様、その他合唱団員の方を含め5名の「麦わら帽子」の皆さんによる合唱を披露してくださいました。春日部市長にも来場頂く中、“銭型平次”や“糸”しめくくりには“ふるさと”を参加者全員で合唱し、音楽を通して、優しく楽しい時間を患者様、ご家族、職員一同共有することができました

平成27年10月21日

当センターの外来ボランティアで活躍中の方からご縁を頂き、春日部市内在住のビオラ奏者のディエゴ・ピッチョーニさんにビオラを演奏して頂きました。秋の情景が浮かぶようなその音色はとても暖かく、うっとりと会場が聴き入り、和やかになりました。またディエゴさんのお人柄も暖かく、多くのファンの方も来院されていたようです。アンコールでは、クラシックの曲もご披露頂き、病院ホールが、まるで本場のコンサート会場のようでした

平成26年11月6日(木)

H24当センターでの「お月見コンサート」にもご出演頂いた「幸満会(ゆきみつかい)」の皆さんによる季節に合わせた民謡を津軽三味線と素晴らしい歌声を披露していただきました。また晴れやかな舞踊を披露される場面もあり、患者さんにも大変喜んでいただきました。
幸満会の皆さんには、限られたお時間の中、ご準備いただき、厚く御礼申し上げます。

平成25年10月8日(火)

アンサンブルあじさいの皆様にご協力いただき、声楽・フルート・ピアノ演奏を披露していただきました。 病院に響き渡る心地よい音楽が、病院を訪れた人々を魅了し、会場全体を楽しい空間へと導いてくれました。 短い時間でしたが、大変充実した一時を過ごすことができました。 素敵なコンサートにしてくださったアンサンブルあじさいの皆様には大変感謝しております。

お月見コンサートの様子1

お月見コンサートの様子2