グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当センターについて >  がん診療連携拠点病院 >  春日部市立医療センター 高校生1日医師体験を実施しました。

春日部市立医療センター 高校生1日医師体験を実施しました。


がんを正しく知ろう。
~医師を目指す埼玉の高校生のための、1日病院体験~
 日本人の2人に1人が、がんになり、日本人の3人に1人は、がんで亡くなります。がんを正しく知ることにより、予防や検診の知識を得ることは、一生の財産になることでしょう。春日部市立医療センターは全国348施設、埼玉県内12か所のみに指定されている地域がん診療連携拠点病院 であり、若い人に、がんの知識を正しく伝えていくことも当院の使命と考えています。
今回、地元埼玉で医師を目指す高校生にがんについて知っていただくとともに、医師という職業、および病院がどのような場所なのか体験していただく機会を設けました。
 埼玉県の医師数は、人口比率では日本で一番少なく、医師が足りていません。地元の出身の医師が、地元の医療に貢献するのが最も自然であろうと思いますが、現実には、地元に戻る医師は多く無いのが現状です。春日部をはじめとした埼玉東部地域も、高齢化が急速に進むことが、確実であり、将来、皆さんの力が間違いなく必要となります。
 今回の病院での様々な体験が、医師を目指す高校生のみなさんの将来を考える良いきっかけとなり、さらにがん医療、地域医療を担う人材として成長してくれることを願っています。

※当日の写真を掲載いたします。ご参加いただきました高校生の皆さま、ありがとうございました。これからもがんばってください。

研修医との交流風景

腹腔鏡トレーニング体験

〘参加したみなさんの声〙
『病院のいろいろな面を見学することで、今まで自分の中でぼんやりとしていた「医師」というものがとても現実的に感じることができました。』

『研修医の女性の先生が、女性医師が働くことについて話してくださり、人生1回だから頑張ろうと励まされました。ありがとうございました。』

『院内での先生方が仲良さそうで、いい雰囲気でした。今回の体験でより「医者になりたい」と思うことができました。』

『普段体験することのできない腹腔鏡トレーニングやダヴィンチの体験ができてとてもいい経験になりました。』

『普段ではめったに体験できないロボット手術、病棟などを見学することができ、「医師は大変」という言葉だけでなく、多角的に物事を見ることができた良い機会でした。』

『ダヴィンチの操作や腹腔鏡手術の練習などを実際に体験できたため、さらに医師という職業を知ることができました。また、チームワークの大切さを学ぶことができました。』

『癌について』講習風景

『ロボット手術支援装置』見学風景

開催要項

日時 平成30年8月24日(金)9:00~15:00
会場 春日部市立医療センター 
参加人数 将来医師を目指す埼玉県の高校に通う高校生 13名
参加費 無料(ただし、会場までの交通費は参加者負担)
当日のプログラム 〇高校生でも知ってほしい癌の知識
〇病院施設の見学
(手術室、薬剤科、検査科、病棟など)
〇病院食体験 
〇埼玉県出身の研修医との交流。
〇腹腔鏡のトレーニング器械を用いた実習
〇手術ロボット『ダヴィンチ』見学
〇病理・組織見学